《誰でもライターになれる時代》イベントのメディア向け内覧会・レセプションに行くには?

よくテレビニュースやネット記事でみる、メディア向け内覧会やレセプションパーティー。
アンバサダーとなる著名人や芸能人、グルメイベントであればシェフなども参加することが多く貴重なイベントです。
開通式などの式典のテープカットにも近いものがあります。

特に東京は本当に多く、基本的にイベント開始日の前日、もしくは当日の午前中に行われます。
以前は本当にメディア向け(テレビ番組や新聞・出版媒体のみ)でしたが、インターネットが普及し、ブログやSNSが広がってネット媒体もメディアとなり十数年が経ちました。

メディア向け内覧会・レセプションに行ってみたい

そんな折、仕事で出会ったコンサルタントの方がいつも様々な内覧会に訪れていることを知りました。
話を聞いてみると上述の通り。
有名人にも会えるかもしれない、関係者の人に自分の聞きたい質問ができる、行列に並ばずに入れる、混雑しないでゆっくり展示が見られる。
メディア向け内覧会……行ってみたいな~。

わたしはIT系の企業に務めていることもあって、自分のスキルアップのためにも個人のサイトを立ち上げていました。
自分が好きなある商品の情報をまとめているサイトです。
このサイトがあれば、内覧会に行けるんじゃないかな。そう思ったのが、サイトを立ち上げてから半年後のことでした。

目指すは『マツコの知らない世界』に出演!

ネットを通して、ユーチューバー、ブロガーやライターとして、がんばれば自分がメディアになれる時代です。
例えばガムがとても好きなら、あなたが食べているガムをただ食べているだけでなく、写真を取り、食べた感想を書き、きちんとレビューをすること。そしてそれをずっと続ける。

それだけで、いつか同志や作り手、関係者の方の目に触れます。
続けていれば続けているだけ、その可能性はあがります。

ここでひとつ質問です。
あなたは『マツコの知らない世界』というTBSのテレビ番組をご存知ですか?

マツコが毎週登場するある世界に人生を捧げたスペシャリストとトークを繰り広げる。ゲストは自らの得意ジャンルやはまっているものをマツコに紹介・プレゼンをするというもの

マツコの知らない世界 – Wikipedia 2016年11月28日

『マツコの知らない世界』に出演されている方たちはその道のスペシャリスト。
番組を見ているだけで毎回テーマとなるものへと愛が溢れんばかりに伝わってきます。

もし好きで好きでしょうがないものがあるなら、『マツコの知らない世界』に出演するぞ~!っという勢いで、サイトやブログで自分の好きな気持ちを表現してください!

それで、内覧会に行けたの?

主催側に「こういうサイトを持っていて、内覧会があれば取材に行きたい」と問い合わせた所、すんなりと行けました。※1

テレビでも見たことのない有名人の方が見れて、楽しかったです(笑)

それからは幸いにも他の内覧会にも呼んでいただいたり、
主催の方にお問い合わせしていただいたりと嬉しい出来事が続いています。

もちろん楽しいばかりではない

個人のライターという枠組みなので、イベントの規模が大きいほど塩対応されることやマークされることもあります。※2

また、内覧会に取材に行ったからには、相応の記事もなるべく早く仕上げ、先方にチェックしていただき掲載するという義務も生まれます。

そして、内覧会のほとんどは平日の午後のため、会社員であった私は、基本的に時間給を使って取材に行っていました。
これは融通をきいてくれる会社や職務内容でない限り難しいと思います。

内覧会に行く、その他の方法

株主になることで、内覧会に招待されることもあります。
「内覧会 株主」で検索すると、スカイツリーや美術館、富士急ハイランドなどで実例があるみたいです。

おわりに

だいたいの人ってなにかとても好きなものを持っていて、そのものについて詳しく解説してくれたりおすすめを教えてくれたりするのですが、その話や情報を知るのは直接出会った人だけなのは、とてももったいなく思います。
サイトもブログも作るのは簡単になったし、Instagramもtwitterもあるのでみんなもっと気軽に発信してくれたらなと思います!

※1 もちろん内覧会がないイベントもあります
※2 その際に法人の信頼性を感じましたので、開業届をだして屋号を作りました