【Facebookページ編】アーリーアダプターになるための最新情報収集術

社長に「アーリーアダプター」だねと言われたのが嬉しかったので、自分がやっている情報入手法をメモとして残しておきます。

最新情報の入手法として、feedだったりGoogleアラートだったり、twitterだったり、いろいろ使っていますが、今回紹介するのはFacebookです。
厳密にいうと、「Facebookの気になるページをいいね!しておいて、ページフィードで情報を取得」します。

ページフィードは各サービスの最新情報、更新履歴が自動的に流れてくるのでとてもおすすめです。
おすすめ記事のシェアもよくされており、さまざまな人やページがシェアした記事はFacebook上でそうとわかるようになっています。

ただ、Facebookのともだちが多ければ多いほど情報が流れるスピードが早くなるので、ともだちがたくさんいる人ほど使いこなしにくい機能です。

サイドバーの「ページフィード」ボタンからページフィードのみチェックできます

【Facebook編】アーリーアダプターになるための最新情報収集術

実際にいいねしているFacebookページの紹介

WordPress(ワードプレス)

WordCamp Tokyo

レスポンシブWebデザインの LIQUID DESIGN

マーケティング

ダイレクトマーケティングNavi

にっぽんのマーケター

ウェブサイト系全般

Web担当者Forum

qam(カム)

[M] mbdb (モバデビ)

FONT FREE

資料JP – マーケター経営者の資料ポータル

WEBマスターの手帳

Stocker.jp

Enjilog

インバウンド・越境EC・多言語

インバウンドナビ

みらい翻訳

Drive!NIPPON

やまとごころ

日本人の日本旅遊指南

All About Japan

日本旅遊活動 VISIT JAPAN NOW

Matcha – Japan Travel Web Magazine

イベント・展示会

コンテンツ東京 Content Tokyo

CEATEC JAPAN

東京国際ブックフェア

東京カルチャーカルチャー

地方創生

地方創生インバウンド機構

ときどきナガノ 2016 by 長野県

地産他消市場

VR

MoguraVR

金融・通貨・ビットコイン

一般社団法人日本デジタルマネー協会

富士通総研 金融・地域事業部

新聞・ニュース

プレスリリース

EC・ネットショップ

いいねする判断基準

これは運営側としてほかの方の意見も聞きたいところです。

わたしの判断基準としては、下記のどれかにあてはまればとりあえずいいねしています。
あとで不要だと感じればフォローをやめればいいので、「とりあえずいいね」しておくのがおすすめです。

1,000いいね以上
複数人のともだちがすでにいいねしている
情報を調べていて参考になる記事を見つけた、そのサイトのFacebookページ
情報が出回りにくいジャンル
気になるけど今は必要ないため、忘れそうなサービスを備忘録として

効率よくいいねするページを探すには

情報がはやい人が「いいねしているページ」というものは、やはり重なってくるので、尊敬している人や取引先の人がいいねしているページを片っ端からいいねしていくのもありだと思います。

実際私も「いいねしようと思ったページ、Sさんが必ずすでにいいねを押してる!」という、
耳をすませば的な現象(主人公の雫が読もうと思った本は必ず天沢聖司くんが先に読み終えている)が起きていました。

まとめ

さきほど、いいねしているページ数を調べたら256件ありました。
たくさんのページをいいねしても、読み逃さないように投稿を優先させたりページごとに通知も設定できるので、ぜひページフィードで情報収集してみてください。

おまけ

取引先・ビジネスパートナーの新サービスなどは商談中に教えてもらった際すぐに「いいね」を押すようにしています。